知っていますか?パワハラの種類

ホーム

新着記事

パワハラに悩む方へ パワハラに悩む社会人を対象に、パワハラに負けないでというスローガンの下にできたのが当サイトです。当サイトでは、パワハラの基礎知識や対処法について詳しくご紹介しています。ですが、基礎知識や対処法で完全に解決できるほど簡単な問題ではありません。そういった人達にもパワハラへの対応方法などについての情報を提供するのは勿論ですが、退職や転職の方法も提供しています。パワハラを解決できない人には、当サイトを仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思います。お問い合わせは>>Phara_notlose@yahoo.co.jp

パワハラの種類について

パワハラの種類についてパワハラの種類について

パワハラについて知ろう

パワハラの概念

パワハラとは、同じ職場で働く者に対して職務上の地位や人間関係など職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。職場のパワハラは、上司から部下への行為に限ったものではありません。先輩と後輩や同僚、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。そのため、上記の職場内の優位性には、職務上の地位に限らず、人間関係や専門知識など様々な優位性も含まれているのです。同じ職場で働く者同士の関係以外にも、顧客や取引先から取引上の力関係などを背景に、従業員の人格や尊厳を侵害する行為がなされる場合もあります。
また、職場のパワハラとしては、業務の適正な範囲を超えるものが対象になります。受け止め方によっては不満を感じたりする指示、注意や指導があったとしても、これらが業務の適正な範囲内で行われている場合は、パワハラには当たらないのです。また、職場のパワハラで、すでに法で保障されている権利が侵害される場合には法的な制度の枠組みに沿って対応がされるべきです。例えば、セクハラについては、男女雇用機会均等法によって雇用管理上講ずべき措置が明確化されているので、同法の枠組みに沿って取組が行われるべきです。

パワハラの種類

職場のパワハラは、以下の6つに分類することができます。ですが、これらがパワハラに該当する行為のすべてではありません。これ以外の行為が問題ないということではないので注意しましょう。
①身体的攻撃(暴行、傷害)
②精神的攻撃(脅迫、暴言)
③人間関係からの隔離(無視、仲間外れ)
④過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことを強要)
⑤過小な要求(業務上能力や経験からかけ離れてレベルの低い仕事を強要。もしくは仕事を与えない)
⑥プライバシーの侵害(私的なことに過度に立ち入る)

判断が難しいものの対処法

上記の6つのうち、特に職場のパワハラに該当するかどうか、判断が難しいものについて補足を加えます。①は、仮に業務の遂行に関係するものであったとしても、身体的攻撃を業務の適正な範囲に含むことはできません。②と③は、通常、業務の遂行に必要な行為とは想定できません。ですから原則として業務の適正な範囲を超えるものとして考えることができます。④から⑥は、業務上の適正な指導との線引きが難しい場合があります。こうした行為については、何が業務の適正な範囲を超えるか業種や企業文化によって違いが生じます。また、行為が行われた状況、行為が継続的であるかどうかによっても判断が左右される場合があるため、各企業や職場で認識をそろえてその範囲を明確にするという取組をおこなうことが理想です。

おすすめ記事

パワハラを目撃したら・・・

パワハラについて知ろうパワハラの種類について パワハラについて知ろう
パワハラの種類について

パワハラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ほとんどの人が最初に思い浮かべるのは、言葉や態度による攻撃で身体や精神を傷つけられる行為のことだと思います。上司が部下への人格などを否定する言動で相手の心を傷つけたりする行為などのことです。このような行動は人を精神的にも肉体的にも追い詰め、場合によっては自殺してしまう人もいるほどです。ここでは、職場においてのパワハラの概念と種類について詳しくご紹介しています。

対処法を学ぼう窓口に相談しよう 対処法を学ぼう
窓口に相談しよう

パワハラを受けているのなら必ずやらなければならないことがあります。それは、自分の心の中にだけしまい込むのではなく、必ず誰かに相談するということです。人は弱い生き物ですから、精神的苦痛に直面したときに、誰かに相談しないと変な方向に歩きだしてしまいます。会社の相談部署でも公的機関でもどちらでもOKです。とにかく誰かに相談しましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。