パワハラは転職理由として伝えるべきか?

ホーム

新着記事

パワハラに悩む方へ パワハラに悩む社会人を対象に、パワハラに負けないでというスローガンの下にできたのが当サイトです。当サイトでは、パワハラの基礎知識や対処法について詳しくご紹介しています。ですが、基礎知識や対処法で完全に解決できるほど簡単な問題ではありません。そういった人達にもパワハラへの対応方法などについての情報を提供するのは勿論ですが、退職や転職の方法も提供しています。パワハラを解決できない人には、当サイトを仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思います。お問い合わせは>>Phara_notlose@yahoo.co.jp

転職理由の伝え方

転職理由の伝え方転職理由の伝え方

改善がなければ転職を

転職理由としてのパワハラ

パワハラが原因で会社を退職した人であれば次の職場を探す際に、パワハラを転職理由の1つとして転職先企業に伝えても問題ないのか?と疑問を持つ人も多いと思います。基本的には、問題ありません。ですが、気をつけなければならないのは一人一人状況が違うという事です。同じ様なパワハラを受けたとしても、その人の持つ雰囲気やキャリア、伝え方などによってその印象は全く違ったものになってしまうからです。それゆえに、ネット上の質問サイトにパワハラを転職理由として伝えるべき?という質問があっても、きちんと伝えた方がいいという意見の人もいれば、隠した方がいい。転職の時に話しても、そっけない感じで相手にしてもらえず不採用になったという人もいて意見が分かれてしまうのです。

客観的な判断が重要

転職理由の1つとしてパワハラのことを話してもいいのか?という疑問ですが、答えは客観的に判断してもらうことが大切ということです。自分が受けたパワハラを自分で伝えた時に、転職先企業がどのように捉えるのかを客観的に判断してもらうということです。ですので、親や兄弟、親戚、友人、知人に判断してもらうのはよくありません。パワハラで苦労した事を知っているので、本当の意味で客観的に判断出来るとは限らないからです。そこで、出来る限り客観的に見て貰える人に判断してもらうことが大切です。こういった時に活用したいのが転職エージェントです。

迷ったら転職エージェントに相談

多くの転職者を見てきた経験を活かし、本当に転職理由の1つとしてパワハラがあったことを言うべきか?それとも言わないべきか?客観的に判断してもらえます。また、パワハラが原因で会社を退職したとなるとネガティブな思考になりがちですが、あなたのことを客観的に見た上でしっかりポジティブな材料を見つけて、履歴書や職務経歴書の書き方から面接対策まで、転職で成功する様サポートをしてくれます。さらに、パワハラで悩む人に知っておいて欲しいのが、転職先探しの点でも転職エージェントは役に立つということです。現場の雰囲気や社風もきちんと調べた上で転職先を紹介してもらえるからです。

例えば、金融業界での転職を希望している人向けの転職エージェントとしては、金融業界に強いコトラがあります。

コトラの求人へのリンク

また、司法書士系での転職を希望している人は、メンターエージェントがお薦めです。

メンターエージェントの求人へのリンク

看護業界への転職を希望しているのであれば、多くの病院求人情報を保有し、優秀なエージェントが在籍する看護のお仕事ですね。

看護のお仕事の求人へのリンク

せっかく転職した先でパワハラに悩まないためにも転職エージェントを利用して転職探しをすることをお薦めします。ご興味のある方は一度これらのサイトを確認してみるのも良いかもしれません。

おすすめ記事

パワハラを目撃したら・・・

パワハラについて知ろうパワハラの種類について パワハラについて知ろう
パワハラの種類について

パワハラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ほとんどの人が最初に思い浮かべるのは、言葉や態度による攻撃で身体や精神を傷つけられる行為のことだと思います。上司が部下への人格などを否定する言動で相手の心を傷つけたりする行為などのことです。このような行動は人を精神的にも肉体的にも追い詰め、場合によっては自殺してしまう人もいるほどです。ここでは、職場においてのパワハラの概念と種類について詳しくご紹介しています。

対処法を学ぼう窓口に相談しよう 対処法を学ぼう
窓口に相談しよう

パワハラを受けているのなら必ずやらなければならないことがあります。それは、自分の心の中にだけしまい込むのではなく、必ず誰かに相談するということです。人は弱い生き物ですから、精神的苦痛に直面したときに、誰かに相談しないと変な方向に歩きだしてしまいます。会社の相談部署でも公的機関でもどちらでもOKです。とにかく誰かに相談しましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。