パワハラ等で転職する際に必要な書類

ホーム

新着記事

パワハラに悩む方へ パワハラに悩む社会人を対象に、パワハラに負けないでというスローガンの下にできたのが当サイトです。当サイトでは、パワハラの基礎知識や対処法について詳しくご紹介しています。ですが、基礎知識や対処法で完全に解決できるほど簡単な問題ではありません。そういった人達にもパワハラへの対応方法などについての情報を提供するのは勿論ですが、退職や転職の方法も提供しています。パワハラを解決できない人には、当サイトを仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思います。お問い合わせは>>Phara_notlose@yahoo.co.jp

提出書類を準備しよう

提出書類を準備しよう提出書類を準備しよう

改善がなければ転職を

提出期限を確認

転職先の企業と事前に確認しておきたいのは、何の書類をいつまでに提出するのかということです。入社時に必要な書類や入社後なるべく早めに提出する書類など様々な書類があります。以前勤めていた会社にお願いして作成してもらうものもあり、早めに依頼をしないと転職先の会社にも、以前勤めていた会社にも迷惑をかけることになります。

入社前提出書類

入社前に提出が必要な書類として、まずは入社承諾書があります。入社承諾書は、内定を受諾したことを伝えるための書類です。その場で承諾書に署名して提出が求められる場合と、郵送されてきた承諾書に署名して返送する場合があります。
次に、入社前課題です。会社によっては入社前に、レポート作成など課題を提出する場合があります。また、入社時の導入研修でテストを行うため会社の理念や歴史、商品、部署名などを覚えることが必須となる会社もあります。良いスタートダッシュを切るためにも事前の学習には時間を取っておきましょう。

入社時提出書類

入社時に提出したり、準備しておかなければならない書類は数多くあります。
まずは、誓約書です。情報漏えいや競合行為を行わないなど、入社をする上で企業との約束を取り交わす書類です。一般的には入社初日に説明があり、署名して提出します。
2つ目は、健康診断書です。一般的には、入社時点から3ヶ月以内に診断された健康診断書の提出を求められます。在職していた会社での健康診断が期限内のものであれば診断書をそのまま提出することが可能です。しかし、期限が切れている場合には、新たに健康診断に行く必要があります。診断書は1~2週間後に郵送される場合が多いので、入社に間に合うように受診しましょう。
続いて、雇用保険被保険者証です。転職先での雇用保険の手続きの際に必要となります。在籍していた会社が保管している場合には、退職前に必ず受け取りましょう。もしも会社が保管せずに、入社時に交付されていて紛失してしまった場合には、管轄するハローワークで再発行してもらうことが可能です。その際には、被保険者番号が必要になるので、在籍していた会社に確認しておきましょう。
また、源泉徴収票も必要です。所得税の年末調整に必要です。年末調整とは、一年間暫定的に会社から天引きされていた税額と、確定した税額の差額を調整すること。つまり新しい会社で税額を調整できるよう、在籍していた会社の人事総務担当者から退職時までの源泉徴収票をもらわなくてはいけません。年内に転職しなかった場合には、所得税の確定申告時に使用するため、いずれにしても源泉徴収票は退職時に受け取る必要があります。
そして、給与所得者の扶養控除等、申告書です。配偶者控除や扶養控除、障がい者控除など給与について控除を受けるための書類です。源泉徴収票と合わせて年末調整でも必要となります。転職先の会社から、申告書を受領して記載後に提出します。
最後に、年金手帳です。厚生年金保険に加入していることを証明する手帳です。転職先でも同じものを使用するので転職先への提出が必要です。在籍していた会社が保管している場合には、退職前に必ず受け取りましょう。

おすすめ記事

パワハラを目撃したら・・・

パワハラについて知ろうパワハラの種類について パワハラについて知ろう
パワハラの種類について

パワハラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ほとんどの人が最初に思い浮かべるのは、言葉や態度による攻撃で身体や精神を傷つけられる行為のことだと思います。上司が部下への人格などを否定する言動で相手の心を傷つけたりする行為などのことです。このような行動は人を精神的にも肉体的にも追い詰め、場合によっては自殺してしまう人もいるほどです。ここでは、職場においてのパワハラの概念と種類について詳しくご紹介しています。

対処法を学ぼう窓口に相談しよう 対処法を学ぼう
窓口に相談しよう

パワハラを受けているのなら必ずやらなければならないことがあります。それは、自分の心の中にだけしまい込むのではなく、必ず誰かに相談するということです。人は弱い生き物ですから、精神的苦痛に直面したときに、誰かに相談しないと変な方向に歩きだしてしまいます。会社の相談部署でも公的機関でもどちらでもOKです。とにかく誰かに相談しましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。