パワハラの改善がなければ転職という選択

ホーム

新着記事

パワハラに悩む方へ パワハラに悩む社会人を対象に、パワハラに負けないでというスローガンの下にできたのが当サイトです。当サイトでは、パワハラの基礎知識や対処法について詳しくご紹介しています。ですが、基礎知識や対処法で完全に解決できるほど簡単な問題ではありません。そういった人達にもパワハラへの対応方法などについての情報を提供するのは勿論ですが、退職や転職の方法も提供しています。パワハラを解決できない人には、当サイトを仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思います。お問い合わせは>>Phara_notlose@yahoo.co.jp

改善がなければ転職を

パワハラが改善されない時には、退職や転職という道を選ぶのも1つの方法です。その時に注意したいのが、退職届の書き方です。退職届は、退職理由がパワハラであることを明確に記載しておくことが必要です。また離職票も同様です。そうでない場合に、失業給付金の金額に差が生じるからです。また、転職理由にパワハラが原因であると伝えるべきかどうか悩む人も多いと思います。ここでは、対処法を実践してもパワハラが改善されない場合の退職、転職の方法と注意点について詳しくご紹介しています。

退職届けの書き方

パワハラが原因で退職するときには、退職届の文面に退職理由がパワハラであることを明確に記しておくことが重要です。また、退職届と一緒に離職票の退職理由にも注意をしましょう。離職票の退職理由が自己都合退職になると、失業給付金で不利益を被ることになります。会社に退職届けを提出する前に、離職票の退職理由欄と退職金・失業給付についてはきちんと確認しておきましょう。ここでは、パワハラが原因で退職する際の注意点や退職届けの出し方についてご紹介しています。

続きを読む
退職届けの書き方 退職届けの書き方

転職理由の伝え方

転職先での面接では、パワハラが原因で退職したことを伝えるべきでしょうか?パワハラを受けていたからと正直に答えるのが良いのか、またはキャリアアップしたかったからとさりげなくかわすべきなのか?転職者を採用する会社にとっては、職歴や退職理由は非常に重要なポイントです。会社側は簡単に言えば、雇って良かったと思わせてくれる人を採用したいと思っています。ここでは、転職の際にパワハラを退職理由の一つとして伝えてもよいかどうかについて詳しくご紹介しています。

続きを読む
転職理由の伝え方 転職理由の伝え方

提出書類を準備しよう

企業は法律によって社会保険の適用を受けているので、正社員やアルバイトなどを雇用したときには、期限内にその従業員の保険加入の手続きを行うことが義務づけられています。また、企業には本来従業員各自が納める所得税や住民税、社会保険料などを給与から天引き徴収して一括納付する義務もあります。そこで労働契約を交わして入社するときには、手続きに必要な書類の提出を求められます。ここでは、転職先への提出書類について詳しくご紹介しています。

続きを読む
提出書類を準備しよう 提出書類を準備しよう
おすすめ記事

パワハラを目撃したら・・・

パワハラについて知ろうパワハラの種類について パワハラについて知ろう
パワハラの種類について

パワハラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ほとんどの人が最初に思い浮かべるのは、言葉や態度による攻撃で身体や精神を傷つけられる行為のことだと思います。上司が部下への人格などを否定する言動で相手の心を傷つけたりする行為などのことです。このような行動は人を精神的にも肉体的にも追い詰め、場合によっては自殺してしまう人もいるほどです。ここでは、職場においてのパワハラの概念と種類について詳しくご紹介しています。

対処法を学ぼう窓口に相談しよう 対処法を学ぼう
窓口に相談しよう

パワハラを受けているのなら必ずやらなければならないことがあります。それは、自分の心の中にだけしまい込むのではなく、必ず誰かに相談するということです。人は弱い生き物ですから、精神的苦痛に直面したときに、誰かに相談しないと変な方向に歩きだしてしまいます。会社の相談部署でも公的機関でもどちらでもOKです。とにかく誰かに相談しましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。