パワハラへの耐性を高める方法

ホーム

新着記事

パワハラに悩む方へ パワハラに悩む社会人を対象に、パワハラに負けないでというスローガンの下にできたのが当サイトです。当サイトでは、パワハラの基礎知識や対処法について詳しくご紹介しています。ですが、基礎知識や対処法で完全に解決できるほど簡単な問題ではありません。そういった人達にもパワハラへの対応方法などについての情報を提供するのは勿論ですが、退職や転職の方法も提供しています。パワハラを解決できない人には、当サイトを仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思います。お問い合わせは>>Phara_notlose@yahoo.co.jp

耐性を高めよう

耐性を高めよう耐性を高めよう

対処法を学ぼう

パワハラへの防衛策

管理職の人はよくいいます。上司から怒鳴られることくらい俺たちの時代には当たり前だったと。確かに相談を受けていると、それはパワハラとは言えないだろうと感じることも多々あります。ですが、本人にとって辛く苦しいことは紛れもない事実です。このような問題への対策として、自分のパワハラ耐性を高めるという防衛策も必要と考えます。

自分の居場所を作ろう

一つは、家族でも趣味の世界でも何でもいいから、職場以外で自分の居場所をつくることです。仕事で否定されて自信を失った時に、自分を受け入れてくれる場所やプライドを回復できる場所をもっていれば、大きなダメージを避けることができます。そこで癒やされることで、元気に仕事に戻ることもできます。さらに年齢や性別、国籍が違うなど異質な人との交流が増えることで、悩んでいたことからうまく脱却できるヒントを得られるかもしれません。ある友人は、家族を支えるために働くという10代の中国人女性の話を聞いて、仕事でくよくよ悩んでいたことが恥ずかしくなったといいます。
多様な価値観に触れることは、思い悩んでいた自分をふっと違う角度から見つめ直すことができる瞬間なのかもしれません。職場だけではなく、自分の居場所を色々な所に確保しておきましょう。

目標を持って自分を認めましょう

あるお笑い芸人と話をする機会がありました。芸能界ではいじめられ、人扱いされないようなとてもひどいパワハラがあったそうです。しかし、彼らがそれに耐えられるのは、いつかはあの人のようにという夢があるからだといいます。そんなことで弱音を吐く奴がいるかという上司の厳しい言葉も、自分の夢を実現するためには、今、何をすべきかをはっきりさせることで、もっともな意見だと受け止めて乗り越える必要があるのか、受け流してもいいことなのかを自分で判断することができます。10年後の自分を思い描いて、自分でキャリアプランを考えればパワハラ耐性も高まるでしょう。
また、自分なんかと自分を低く評価してはいませんか。自分が無力だと感じれば、相手もあなたを無力だと感じるでしょう。その結果、簡単に弱いものいじめの的にされてしまいます。ミスに対する叱責を、素直に聞くことは大切ですが人格を否定されるような言葉を受け入れる必要はありません。他人から簡単に人権を侵害させないような、毅然とした意識を持つことも大切です。それにはまず、自分は大切な存在と自分を認めることです。

おすすめ記事

パワハラを目撃したら・・・

パワハラについて知ろうパワハラの種類について パワハラについて知ろう
パワハラの種類について

パワハラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ほとんどの人が最初に思い浮かべるのは、言葉や態度による攻撃で身体や精神を傷つけられる行為のことだと思います。上司が部下への人格などを否定する言動で相手の心を傷つけたりする行為などのことです。このような行動は人を精神的にも肉体的にも追い詰め、場合によっては自殺してしまう人もいるほどです。ここでは、職場においてのパワハラの概念と種類について詳しくご紹介しています。

対処法を学ぼう窓口に相談しよう 対処法を学ぼう
窓口に相談しよう

パワハラを受けているのなら必ずやらなければならないことがあります。それは、自分の心の中にだけしまい込むのではなく、必ず誰かに相談するということです。人は弱い生き物ですから、精神的苦痛に直面したときに、誰かに相談しないと変な方向に歩きだしてしまいます。会社の相談部署でも公的機関でもどちらでもOKです。とにかく誰かに相談しましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。