パワハラの対処法

ホーム

新着記事

パワハラに悩む方へ パワハラに悩む社会人を対象に、パワハラに負けないでというスローガンの下にできたのが当サイトです。当サイトでは、パワハラの基礎知識や対処法について詳しくご紹介しています。ですが、基礎知識や対処法で完全に解決できるほど簡単な問題ではありません。そういった人達にもパワハラへの対応方法などについての情報を提供するのは勿論ですが、退職や転職の方法も提供しています。パワハラを解決できない人には、当サイトを仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思います。お問い合わせは>>Phara_notlose@yahoo.co.jp

対処法を学ぼう

パワハラを実際にされている被害者にとっては、会社という狭い空間はゴールのない迷路のようなものです。そんな中に毎日いれば精神的な苦痛を感じるのも理解できます。まずは、社内の相談できる部署で相談してみましょう。社内で漏れるのが心配であれば、外部の公的機関に相談するのも1つの方法です。同時に、パワハラに負けない耐性を高めることも必要です。そして、証拠を残すようにしましょう。これは、後々必ず役に立ちます。ここでは、パワハラの対処法について詳しくご紹介しています。

耐性を高めよう

会社は逃げ場がない空間ですから、パワハラをしてくる上司のようなやっかいな人がいて人間関係で悩んでしまうと、それは心身に甚大な影響を及ぼし精神的に不安定になってしまうこともあります。せっかくの大切な人生の時間においてそれはとてももったいないことです。パワハラや嫌がらせをしてくる人は、自分自身のなかに何らかのコンプレックスを抱えており、自分よりも弱い人間を攻撃することで精神のバランスを保っています。そんな人達に負けない方法があります。ここでは、パワハラに対する耐性を高める方法を詳しくご紹介しています。

続きを読む
耐性を高めよう 耐性を高めよう

証拠を残そう

パワハラでは、訴える事もできます。ですが、注意しなけれいけないこともあります。パワハラの実態について、証拠を提示してしっかりと第三者に伝えることができないと、確信を持って対応してくれません。もしかしてこれはパワハラ?と思いはじめたら記録をとっておくようにしましょう。記録としては、どんな形でも良いですが、出来るだけハッキリと物的証拠として残しておいたほうが良いでしょう。例えばICレコーダーでの録音、写真、文章の印刷等です。ここでは、パワハラの事実と証拠と題してパワハラの証拠の残し方について詳しくご紹介しています。

続きを読む
証拠を残そう 証拠を残そう

窓口に相談しよう

もしも自分がパワハラの被害者になってしまったらどうしたらよいか知っていますか?勤めている会社に、相談出来る部署等があるのなら、相談するのも1つの方法です。ですが、話したことがパワハラ上司に知られてしまい、やり辛くなってしまう事もあるかもしれません。社内相談のリスク等を考えて無理だと思う場合には、外部の公的機関に相談するようにしましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。

続きを読む
窓口に相談しよう 窓口に相談しよう
おすすめ記事

パワハラを目撃したら・・・

パワハラについて知ろうパワハラの種類について パワハラについて知ろう
パワハラの種類について

パワハラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ほとんどの人が最初に思い浮かべるのは、言葉や態度による攻撃で身体や精神を傷つけられる行為のことだと思います。上司が部下への人格などを否定する言動で相手の心を傷つけたりする行為などのことです。このような行動は人を精神的にも肉体的にも追い詰め、場合によっては自殺してしまう人もいるほどです。ここでは、職場においてのパワハラの概念と種類について詳しくご紹介しています。

対処法を学ぼう窓口に相談しよう 対処法を学ぼう
窓口に相談しよう

パワハラを受けているのなら必ずやらなければならないことがあります。それは、自分の心の中にだけしまい込むのではなく、必ず誰かに相談するということです。人は弱い生き物ですから、精神的苦痛に直面したときに、誰かに相談しないと変な方向に歩きだしてしまいます。会社の相談部署でも公的機関でもどちらでもOKです。とにかく誰かに相談しましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。