負けない為のパワハラ基礎知識

ホーム

新着記事

パワハラに悩む方へ パワハラに悩む社会人を対象に、パワハラに負けないでというスローガンの下にできたのが当サイトです。当サイトでは、パワハラの基礎知識や対処法について詳しくご紹介しています。ですが、基礎知識や対処法で完全に解決できるほど簡単な問題ではありません。そういった人達にもパワハラへの対応方法などについての情報を提供するのは勿論ですが、退職や転職の方法も提供しています。パワハラを解決できない人には、当サイトを仕事探しのきっかけにもしてもらいたいと思います。お問い合わせは>>Phara_notlose@yahoo.co.jp

パワハラに負けないで!

職場内の優位性を利用して嫌がらせをするパワハラ。このパワハラという言葉は、今や知らない人がいないほど有名な言葉になりました。言葉自体の認知は広まっていますが、相談件数は年々増え続けており悩んでいる人は減っていないようです。パワハラは、されている人にとっては苦痛でしかなく精神的にもダメージを受けます。ですが、している人の多くは全くその自覚がありません。ここでは、パワハラに悩む社会人に向けてパワハラの基礎知識や対処法などを詳しくご紹介しています。

記事一覧

発生する理由とは

発生する理由とは

パワハラは受けている被害者にとっては精神的にも肉体的にも辛く苦しいものです。ですが、加害者は悪意がなく教育指導のつもりで行っていることが多いのがパワハラです。特に、過去に成功体験のある管理職や技能者に多いのも特徴です。また、自分自身が厳しく育てられてきた人は、相手にも同じ教育をしようとするので注意が必要です。部下を育てるときには、待つこと、聴くことも大切です。ここでは、パワハラが起こる理由と起こしやすい人の特徴を詳しくご紹介しています。

詳細を見る
耐性を高めよう

耐性を高めよう

パワハラをしている上司には、自分がパワハラをしているという自覚がないことが多いです。過去に自分が受けた教育方法で、部下に接しているからです。ですがパワハラを受けている部下にとっては、毎日が精神的に辛く苦しい日々です。このようなパワハラに負けないためにも、自分自身もパワハラへの耐性を高める必要があります。自分の心の中にため込まず、外の人に相談したり話したりすることです。その為には、自分の居場所を会社以外につくることも重要です。ここでは、パワハラに対する耐性を高める方法を詳しくご紹介しています。

詳細を見る
証拠を残そう

証拠を残そう

パワハラだと確信するまでに、時間がかかることがあります。そういう時には、大抵パワハラの記録をとっていないことがほとんどです。パワハラと感じたら、すぐに記録をしましょう。わかりやすく、日付や時間、誰からどんな状況でどんな言葉や態度でパワハラを受けたかを記録しましょう。大事なことは、その場でできるだけ詳細な記録がとってあることです。メモやICレコーダー、周囲で立ち会っていた人の名前も記録しておくとなおよいでしょう。ここでは、パワハラの証拠の残し方について詳しくご紹介しています。

詳細を見る
退職届けの書き方

退職届けの書き方

パワハラで退職する際に、会社から退職届の提出を求められた場合に退職理由を、一身上の都合によりとしないよう注意しましょう。自己都合退職にされてしまいます。会社の用意した退職届に署名と捺印だけして提出するというのも絶対にしてはいけません。必ず自分の手で退職届を書き、退職理由はパワハラによる退職であることがはっきりと分かるようにしましょう。そうしないと失業給付金の貰える時期や金額に差が発生することになります。ここでは、パワハラが原因で退職する際の注意点や退職届けの出し方についてご紹介しています。

詳細を見る
おすすめ記事

パワハラを目撃したら・・・

パワハラについて知ろうパワハラの種類について パワハラについて知ろう
パワハラの種類について

パワハラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ほとんどの人が最初に思い浮かべるのは、言葉や態度による攻撃で身体や精神を傷つけられる行為のことだと思います。上司が部下への人格などを否定する言動で相手の心を傷つけたりする行為などのことです。このような行動は人を精神的にも肉体的にも追い詰め、場合によっては自殺してしまう人もいるほどです。ここでは、職場においてのパワハラの概念と種類について詳しくご紹介しています。

対処法を学ぼう窓口に相談しよう 対処法を学ぼう
窓口に相談しよう

パワハラを受けているのなら必ずやらなければならないことがあります。それは、自分の心の中にだけしまい込むのではなく、必ず誰かに相談するということです。人は弱い生き物ですから、精神的苦痛に直面したときに、誰かに相談しないと変な方向に歩きだしてしまいます。会社の相談部署でも公的機関でもどちらでもOKです。とにかく誰かに相談しましょう。ここでは、パワハラに遭遇した際の相談の仕方や当サイトお薦めの相談サイトについて詳しくご紹介しています。